ISO感度とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ISO感度

皆さんは、「ISO感度」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ISO感度」の意味を解説させていただきます。

ISO感度の意味とは?

ISO感度とは、カメラのセンサーがどれくらいの光を捉えることができるかを示す値です。
暗い場所ではISO感度を高く設定してシャッタースピードを上げて撮影することで、手振れを抑えることができます。
また、ISO感度を高く設定すれば、暗い場所でもフラッシュを焚かずに撮影することもできます。
ただし、ISO感度を高く設定しすぎると、ノイズが出てザラザラとした荒い画質になってしまったり、シャープさが失われてしまったりするため注意が必要です。

 

ISO感度の使い方

ISO感度の使い方は、暗いところでは高く、明るいところでは低くです。
低ければ低いほど、画像は綺麗になるので風景写真を撮影するときには、ISO感度を低くして三脚などを使いながら撮影するとシャープで綺麗な写真を撮影することができます。