MF(マニュアルフォーカス)とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

MF(マニュアルフォーカス)

皆さんは、「MF(マニュアルフォーカス)」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「MF(マニュアルフォーカス)」の意味を解説させていただきます。

MF(マニュアルフォーカス)の意味とは?

MF(マニュアルフォーカス)とは、手動でピントを合わせる機能のことです。
AF(オートフォーカス)は、カメラが判断し自動的にピントを合わせてくれるので、初心者でも簡単に扱うことができます。
その点、MFは自分でピントを合わせることになるので、上級者向きのテクニックが必要になります。
ですが、狙ったところにピントを合わせることができるので、マクロ撮影やいまいちピントが合わないといった時に使うと非常に便利な機能です。
レンズ側にあるフォーカスリングを回していくと、ピントの位置が変わっていきますので、好みの位置に調整しましょう。

MF(マニュアルフォーカス)の使い方

MF(マニュアルフォーカス)の使い方は、AFでピントを合わせにくい状況で使うと有効です。
昔は全てがマニュアルだったのですが、ピント合わせのスピードや精度が向上したことにより、AFが主流となっています。